MENU

歯科医院選びは慎重に!

私が歯科助手として働いている歯科医院にやって来る患者さんは、誰もがにっこりと笑ったときに恥ずかしくない綺麗な歯並びとすっきりとした口元が欲しいと望んでいます。患者さんは大きく2つのタイプに分けることができます。

 

まず、初めて歯の矯正に来られた患者さんと、他の歯科医院で治療をした、もしくは治療中の患者さんです。私は来院された患者さんに、歯科医院としての治療方針や治療の流れ、治療期間、抜歯の必要性があるか、矯正装置の効果、おおよその治療費などを説明していきます。

 

初めて来院された患者さんは、話を聞くうちに、本当に治るのかという不安と、同時に本当に綺麗な歯を手に入れることができるという希望を抱いてくれるので、こちらも自ずと前向きな気持ちになることができます。

 

問題は、他の歯科医院で受診をされた経験がある方です。もとの歯並びがそのままで何も改善されていないなら良いのですが、症状を悪化させているケースがとても多いからです。

 

上下の噛み合わせが左右に大きくずれてしまっていて噛めない状態であったり、開咬という奥歯しか噛めない状態であったり、ひどい場合は前歯が閉じなくなっている患者さんまでいるのが現状です。そのような患者さんも適切な治療を受けることで治すことは充分可能だと思います。

 

しかし、いくら治療方法について説明しても疑いの心を持ち、1つの方法に固執して話を聞いてくれないケースもあります。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。人は病気を治すために病院に通います。当たり前ですが、病気を悪化させるために病院に行く人は決していないと思います。

 

ところが歯科矯正はそうではありません。私が歯科助手として働く歯科医院に通う人の多くが、よその歯科医院で治療を受けることによって症状が悪化しているケースが非常に多いのです。

 

患者さんは高いお金を払って、何年も矯正装置をつけられ、何の改善もしなかったら…疑い深くなるのも当然です。間違った歯科治療を行っている矯正歯科医が、かなり多く存在していることは紛れもない事実でしょう。

 

その原因として挙げられるのが、矯正技術が未熟であったり、矯正の間違った情報を勉強していたり、お金儲けを目的として適切な治療を行っていなかったり…ですから、歯科医院選びは慎重に行う必要があるといえるでしょう。