MENU

歯科助手の仕事内容とは?

歯科助手の仕事内容というのは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、歯科助手の仕事内容について、ご紹介していこうと思います。

 

歯科助手の仕事内容ってどんなものがあるの?

歯医者さんに行った際に歯科助手の方を見ていると、忙しそうに器具を準備している方が多く見られます。

 

実は、診療を行う歯科医師のサポートをする以外にも、歯科助手には様々な仕事があるのです。

 

・受付
・電話対応
・お会計
・クリニックや医院の掃除
・器具の洗浄や消毒
・器具の準備や片付け
・診療の際の歯科医師の補助

 

など、このような仕事を行っていくのが歯科助手です。

 

受付や電話対応、お会計などでは、確実にミスのない対応を行うことが求められます。

 

患者さんが来院されて、一番初めに会話をするのは受付の歯科助手です。

 

その際に、無愛想な対応をしたり、適当な対応をするという歯科助手であれば、患者さんは次から来院されないでしょう。

 

受付を行う歯科助手は、その医院やクリニックの顔として働いているという事を忘れないようにしなくてはなりません。

 

そして、クリニック内の清掃、駐車場の清掃なども、歯科助手の仕事となります。

 

綺麗な医院やクリニックであれば、清潔感がありますので印象も良くなります。

 

患者さんに気持ちよく過ごしていただく為にも、このような仕事はとても大切になります。

 

また、歯科助手のメインともいえる仕事として、器具の準備や片付け、歯科医師の補助といったものがあります。

 

歯科医師から指示される器具などを用意し、手渡したりする仕事です。

 

間違いがあれば大変なことになりますし、患者さんに迷惑をかけてしまうことになりますので、気を引き締めなくてはなりません。

 

歯科助手として歯科医師と信頼関係を築く事ができるように、しっかりと補佐をこなすことが大切です。

 

このように、歯科助手の仕事はとても多岐に渡っています。

 

一つの事を覚えるのに時間がかかるという方の場合、メモなどをとりながら覚えていく必要があります。

 

歯科医院・クリニックの顔として、患者さんに気持ちよく治療を受けてもらえるように意識していくことも重要となります。