MENU

歯科助手の資格にはどんな種類がある?

歯科助手の資格には、いくつかの種類があるということをご存知ですか?

 

ここでは、歯科助手の資格の種類について、ご紹介していこうと思います。

 

こんなに沢山!歯科助手の資格の種類

歯科助手の資格には、いくつかの種類が存在しています。その種類は以下のようなものとなります。

 

○歯科助手専門員
○歯科助手技能認定
○歯科助手検定
○歯科医療事務管理士(R)技能認定試験
○歯科助手資格認定制度

 

など、このような種類があり、それぞれ全てが民間資格となっています。それぞれの資格によって優劣があるわけではありませんが、知名度の違いというのは多少存在しています。

 

それぞれの種類について詳しく!

それでは、それぞれの種類について詳しく見てみましょう。

 

歯科助手専門員

こちらは、全国医療福祉教育協会が認定している資格となります。対応している講座としては、ヒューマンアカデミーの歯科助手講座があります。

 

試験は特に無く、講座を修了することによって認定される資格となります。

 

歯の知識から疾患、受付に関してまで、幅広い知識を身につけることが出来る資格です。

 

歯科助手技能認定

こちらの資格は、日本医療教育財団が認定している資格となっています。対応する講座は、ニチイの歯科助手講座です。

 

歯科助手の基礎から専門的な技術まで、3種類のコースに分けて取得することが出来るようになっています。

 

試験は学科試験となっており、90%以上で合格となります。

 

歯科助手検定

こちらの資格は、日本歯科助手検定協会が認定しています。受験資格などは必要なく、対応している講座は特にありません。

 

各自試験を受験することによって取得することが可能です。

 

1級?3級までの資格があり、歯科助手として勤務する場合には、2級以上の資格取得が望ましくなります。

 

歯科医療事務管理士(R)技能認定試験

こちらの資格は、技能認定振興協会によって認定される資格です。対応している講座は、ユーキャンの歯科助手講座となります。

 

ユーキャンの講座にて取得する場合、在宅にて受験することが可能となります。

 

歯科助手資格認定制度

こちらの資格は、日本歯科医師会が認定する資格です。

 

この資格には、甲種第一、乙種第二、甲種という3種類の資格が存在しています。

 

事務的な基礎知識や技能、診療室での知識や技能といったものが学べる資格となります。