MENU

歯科助手検定試験の合格率はどれくらい?

歯科助手の資格というのは、全てが民間資格となっており、それぞれの資格によって名称や資格試験などが異なります。

 

ここでは、数ある中の歯科助手資格の中から、歯科助手検定試験について、その合格率を見ていきたいと思います。

 

歯科助手検定試験ってどんなもの?

歯科助手検定試験の合格率についてご紹介する前に、まずは歯科助手検定試験について少しご説明しておきたいと思います。

 

歯科助手検定試験は、日本医療事務検定協会と日本歯科助手検定協会から成る、医療福祉教育振興グループが行っている資格試験です。

 

歯科助手検定という資格は、多くの歯科助手の資格の中でも、耳にしたことがある方が多いと思われるものです。

 

歯科助手検定試験には、1級・2級・3級が存在しています。

 

これら全てに受験資格がなく、何方でも受験することが可能となっています。

 

○3級…歯科医療の基礎知識を持っており、簡単な診療方法について把握している
○2級…歯科医療についての広い知識があり、診療方法についての応用が身についている
○1級…歯科医療に対しての知識が深く、診療体制について、正確かつ迅速に対応ができる

 

3級・2級・1級ともに、70%以上で合格となります。

 

検定試験の合格率はどのくらい?

上記のような内容となっている歯科助手検定試験ですが、合格率はどのくらいになっているのでしょうか。

 

歯科助手検定試験については、合格率が発表されておらず、数字を明確に提示することが出来ませんでした。

 

そのため、どのくらいの方が合格されているのかという事は分かりません。

 

ですが、公式ホームページにて、過去問題を購入することが可能となっています。

 

一部320円(送料別)となっていますので、合格率に怯える前に、徹底的に過去問題を解いて自信をつけるということがおすすめです。

 

過去問題を解く事によって、どのような問題が出題されるのか、どのような問題なのかという事が分かります。

 

間違えた部分や苦手意識のある部分について、理解するまで学習しなおしてからもう一度といてみると、自分の理解度がどんどん上がっていきます。

 

自信を持って歯科助手検定試験を受験するためにも、過去問題は購入しておくといいかもしれません。