MENU

歯科助手の資格とは?

歯科助手になるには、資格が必要となるのでしょうか。また、歯科助手の資格とはどのようなものなのでしょうか。

 

ここでは、歯科助手を目指す方のために、歯科助手の資格についてご紹介します。

 

歯科助手になるには資格が必要なの?

歯科助手として働くために、何か特別な資格が必要なのではないかと考えている方も多いのではと思います。

 

ですが、歯科助手になるために必須となる資格は、今のところ存在していません。

 

ですが、やはり歯科医療の現場で働く事になりますので、専門的な用語や知識などを理解していなくては、難しいことでもあります。

 

また、就職する際にも、歯科助手の資格を所持していることを前提としているところも多く、そのような意味では資格が必須とも言えます。

 

無資格の状態で就職できたとしても、覚える事がたくさんあったり、分からないことばかりという事になると、仕事が辛くなり、辞めてしまうことにも繋がります。

 

歯科助手の資格を取得し、あらかじめある程度の知識を身につけておくと、そのような事を避けることが可能です。

 

歯科助手の資格って?

歯科助手の資格は、国家資格などではなく民間資格となっています。

 

歯科助手の資格を取得することによって、歯科助手としてスムーズに仕事を行うことが出来る様になります。

 

受付・会計、資料作成といったような事務作業はもちろんですが、歯科助手の仕事には、医師や歯科衛生士のサポートを行うことも含まれます。

 

そのため、専門的知識を身につけた歯科助手である必要があるのです。

 

歯科助手の資格は、講習会を修了したり、指定の専門学校や短大を卒業したり、通信・通学講座を修了することによって、取得することが可能です。

 

それぞれが民間資格となりますので、受講期間や費用、受験資格といったものは異なりますので、注意が必要です。

 

また、歯科助手にはいくつか種類があり、その中には、「級」が存在しているものもあります。

 

どの資格が就職に有利だというような優劣はありませんので、自分が取得したい資格を目指してみてくださいね。