MENU

全国医療福祉教育協会認定「歯科助手専門員」とは?

歯科助手の資格は数多く存在しているということは周知の事実でありますが、中には特殊性の高い資格も存在しています。

 

普通の資格ですと、歯科助手としての一般的な知識を学習し、試験をクリアすることで資格を取得できるというものになるのですが、中には主催団体自体が特殊なところがあるのです。

 

今回紹介するのは、そんな特殊性をもった全国医療福祉教育協会認定が認定する、歯科助手専門員という資格です。

 

全国医療福祉教育協会という、医療系に従事される方に向けた教育を行う協会が認定しているということで、非常に珍しい資格と言えます。

 

では、全国医療福祉教育協会認定の歯科助手専門員とはどのような資格なのでしょうか?

 

歯科助手専門員.の特徴は?

全国医療福祉教育協会が認定する、歯科助手専門員の取得方法としてはヒューマンアカデミーで実施している、3回分の通信添削課題をクリアするだけで取得できる資格です。

 

ただ、クリアするためには当然歯科助手の知識がないとクリアできません。

 

しかも、選択式の試験などと違い、しっかりと自分の意見を記入できないと合格はできません。

 

申請料も3000円かかりますので、しっかりと学習して臨みましょう。

 

範囲は、歯の知識に関するものばかりで、歯科助手で求められる内容よりハードルは高いものとなっています。

 

歯科助手専門員.の評判は?

全国医療福祉教育協会の歯科助手専門員は、他の歯科助手資格と違いより歯の専門的な知識が必要な資格となります。

 

よって、取得しているだけでも歯科医さんからの信頼感は大きく向上しますし、評判も高くなります。

 

また、取得に関して勉強することで、より歯科医院で必要とされる知識を自然とみにつけることができるので、多くの歯科助手から評価されているんです。

 

取得方法も、他の資格と比較して容易である点も、多くの方から望まれている資格である理由と言えます。