MENU

歯科助手になるには|どんなスキルが求められる?

歯科助手になりたいという方の中には、実際にはどんなスキルが求められるのか、気になっている方もおられると思います。

 

歯科助手のイメージと求められるスキルは一致しているのか、ここでは、歯科助手に求められるスキルについて、ご紹介していこうと思います。

 

歯科助手になるには どんなスキルが求められるの?

歯科助手として働く際には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

 

歯科助手と言えば、歯科医師の隣で様々な器具などを手渡したり準備したりしているイメージがあります。

 

このイメージに合ったスキルなどが必要となるのか、以下で見てみましょう!

 

・コミュニケーションスキル
・接客スキル(マナー)
・積極性
・手際の良さ

 

など、歯科助手にはこのようなスキルが求められることになります。

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、どのような職業でも求められるスキルと言えます。

 

歯科助手も同様に、多くの患者さんと関わっていくことになりますので、必須となるスキルです。

 

無愛想な対応を行ったり、不十分な説明など、患者さんを不快な気持ちにさせてしまうようなコミュニケーションは避けなくてはなりません。

 

高齢者の方に合ったコミュニケーションの取り方、こども達に合ったコミュニケーションの取り方など、多くの場合を想定しておく必要があります。

 

接客スキル(マナー)

マナーのない歯科助手がいる歯科医院やクリニックにいきたいと思う患者さんは少ないはずです。

 

歯科医院やクリニックも、立派な接客業であるにも関わらず、マナーのない受付の方や診療補佐の方もおられます。

 

歯科は、一度で治療が終わることはあまり無く、数回にわたり患者さんが来院されます。

 

何度来院されても気持ちよく治療を受けてもらうことができるように、歯科助手には接客スキルが求められるのです。

 

歯科助手は歯科医院やクリニックの顔であるということを忘れないようにしなくてはなりません。

 

積極性

医療の世界というのは常に進歩し続けています。

 

そのため、新しい薬や機械、器具や治療方法などがどんどん出てきます。

 

その中で、新しく取り入れられた物事に対し、積極的に覚えていこうとする姿勢がなくてはなりません。

 

また、歯科の専門用語が多く使われる現場ですので、それらをいち早く覚えようとすることも大切になります。

 

手際の良さ

歯科助手が歯科医師のサポートを行う際には、手際の良さが求められます。

 

「○○をください」「○○を準備してください」という指示があった際に、もたもたと時間がかかっては、患者さんに迷惑がかかってしまいます。

 

スムーズに治療が終わるようにするためにも、歯科助手には手際の良さが求められるのです。