MENU

歯科助手の資格を最短で取得するには?

早く歯科助手として活躍したい!という方にとっては、歯科助手の資格を最短で取得する方法が気になることと思います。

 

そこで、歯科助手の資格を最短で取得することについて、ご紹介していきます。

 

歯科助手の資格には種類がある?!

まず、歯科助手の資格にはいくつかの種類が存在しています。その種類全てが民間資格となっていますので、受講期間などにはそれぞれ差があるのです。

 

まず、資格の種類をいくつか見てみましょう。

 

・歯科助手検定試験
・歯科医療事務検定試験
・歯科医療事務管理士(R)技能認定制度
・認定歯科助手
・歯科助手資格認定制度
・歯科助手専門員

 

主にこのような種類が存在しています。これらの資格の中には、「級」があるもの、甲種・乙種のあるものもあります。

 

それぞれで取得方法や試験などには違いがありますので、事前に調べておく事をおすすめします。

 

最短で取得するには?

最短で歯科助手の資格を取得するためには、やはり通信講座や通学講座にて取得する方法がおすすめです。

 

通信講座の場合には、自宅で自分のペースで学習することが出来ますし、通学講座の場合には仲間と一緒に学習することが出来ます。

 

歯科助手の資格を取得するための通信・通学講座には、以下のようなものがあります。

 

・ヒューマンアカデミー 歯科助手講座
・ユーキャン 歯科助手講座
・ニチイ 歯科助手講座

 

など、多くのスクールが歯科助手講座を開講しています。

 

これらの平均学習期間は4ヶ月程度となっていますので、専門的な学校に通うよりも早く、知識を身につけ歯科助手の資格が取得できるものとなります。

 

また、独学で取得するという場合にも、最短と言えるかもしれません。

 

ですが、独学で歯科助手の資格を取得するには難しい部分もあり、何より効率良く学習するという事が不可能でもあります。

 

やはり、正しい知識を身につけていくためには、それなりの指導を受ける必要がありますので、通信・通学講座で取得するほうが、正しい最短の道だと言えそうです。