MENU

最短で歯科助手になるには?

憧れの職業のひとつであるのが、医療系事務のお仕事です。

 

医療系の事務と聞くと、まず思い浮かべるのが給料が良いというのを第一印象として思い浮かべます。

 

ただ、実際にはこれは幻想であり、歯科助手のケースですと決して給料が良いとは一概には言えません。

 

そんな歯科助手ですが、それでもやはり人気の職業として、多くの方に注目を集めています。

 

その証拠に、多くの歯科助手に関する資格が存在して、多くの方が資格取得に向けて勉強に励んでいます。

 

実は、歯科助手として働くには、歯科助手の資格は必要ではありません。

 

歯科助手の資格自体が民間資格である事からも、ご理解いただけるかと思います。

 

それでも、資格は持っておくに越したことはありません。

 

では、歯科助手の資格を最短で取得するには、どのような方法があるのでしょうか?

 

歯科助手の資格を取得する方法は?

歯科助手の資格を取得するためには、試験に合格する必要があります。

 

その試験を合格するための知識として、通信講座や通学講座が多く用意されています。

 

通信講座の場合は、標準時間が概ね4ヶ月と設定されています。

 

意外と短い印象ですが、実はもっと早く知識を身に付けて資格取得レベルまで引き上げてくれる方法があります。

 

それが、通学講座による学習です。

 

通学講座で歯科助手の資格を取得するには?

実は、歯科助手と言っても、多くの種類が存在しています。

 

その資格の種類によって、勉強期間が大きく異なりますが、今回は代表的なニチイが主催している通学講座のコースを紹介します。

 

ニチイでは、通学と通信講座をミックスさせた資格取得コースを開講しています。

 

重要な部分は座学で、基礎知識は自宅で学習する事になるのですが、両方合わせて2カ月程度で資格取得レベルまで引き上げてくれます。

 

勿論、通学となるとその分だけ費用面では負担がかかるわけですが、自宅で一人で学習するよりもやはり講師から直接指導して頂ける方が、理解力は高まりますよね。