MENU

歯科助手の資格はどれくらいの期間で取得できる?

歯科助手の資格は、どのくらいの期間で取得できるのでしょうか。

 

取得できる期間などが様々な場合には、出来るだけ早く取得できるものが良いかと思います。

 

ここでは、歯科助手の資格を取得する期間について、ご紹介していきます。

 

どのくらいの期間がかかる?

歯科助手の資格を取得するとなると、いくつかある種類の中から、どの資格を取得するのかを決めなくてはなりません。

 

いくつか存在している歯科助手の資格の種類全てが民間資格となっていますので、資格を取得できる期間もそれぞれ異なります。

 

まず、歯科助手の資格を取得するその種類によって、取得方法が異なります。

 

団体などが指定する講座を受講し、修了することが必須となっている資格の場合であれば、スクールに通い、指定のカリキュラムを修了するという期間が必要です。

 

大体のスクールの場合、資格取得までの講座の期間は、4ヶ月から6ヶ月程度となっています。

 

資格によっては8ヶ月程度かかるスクールも存在していますので、どのような歯科助手の資格を取得するのかという部分は重要です。

 

独学で取得するとなるとどのくらい?

一番早く取得できると思われるものは、独学で取得できる歯科助手の資格です。

 

その場合には、自分のペースで勉強して試験を受ける事になりますので、試験日の何ヶ月か前から少しずつ勉強する必要があります。

 

勉強できる時間が十分にあるという場合には、独学で勉強し、試験日に受験することで、講座よりも早く取得することが可能となる場合があります。

 

早い方であれば、3ヶ月程度もあれば試験勉強ができるのではないでしょうか。

 

とはいえ、やはり独学での取得はあまりおすすめできるものではありません。

 

基礎的な部分や応用など、歯科助手としての正しい知識をつけるためにも、4ヶ月?6ヶ月程度、講座を受講されることをおすすめします。