MENU

歯科助手の資格|合格率はどれくらい?

人気の高い職業である歯科助手ですが、それに対応した資格がたくさん存在していることでも知られています。

 

大手の通信教育会社でも、歯科助手に関する資格を用意されていて、どれを取得すれば良いのか悩むほど種類が豊富です。

 

そんな歯科助手に関する資格ですが、実はピンからキリまである資格であり、資格の中でも上級レベルが用意されていたり、ある資格を取得しなければ取得できない資格も存在しています。

 

一概に言えるものではありませんが、気になるのは合格率でしょう。

 

では、具体的な歯科助手の資格取得における合格率を調査した結果をご報告します!

 

木下優樹菜さんが取得した資格の合格率は?

おバカキャラとして有名であった木下優樹菜さんが、その汚名を返上するために?チャレンジしたのが、歯科 医療事務管理士という資格です。

 

結構難易度が高い資格として知られておりますが、ユーキャンの通信講座を受講して望んだ結果、見事に歯科 医療事務管理士を取得することができました。

 

これは、結構大きなニュースとして駆け巡りましたよね。

 

そんな歯科 医療事務管理士の合格率は、ホームページで公開されています。

 

そのデータを見てみると、2015年9月の結果では72.3%となっています。

 

誰でも取得できるものではないというのがわかっていただけるかと思います。

 

ちなみに、合格率は近年上昇しているのが特徴と言えます。

 

他の資格については合格率は非公開!

他にも、歯科助手に関する資格は多数存在しています。

 

歯科助手検定、歯科医療事務検定、歯科助手認定などが該当しますが、どれも数段階のレベルを設けています。

 

一番下のレベルであれば、合格率は相当高いものであると考えますが、最上級になるとかなり低い合格率になるでしょう。

 

最上級となると、歯科助手の中でも相当なスキルを持ったものが取得すべき資格になりますので、誰でも取得できたら意味が無いですよね。

 

よって、このような上級資格を持っていれば、胸を張って自慢してもバチは当たらないですね。