MENU

歯科助手の資格は本当に必要?

歯科助手の資格は本当に必要なのかと疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、歯科助手の資格の必要性について、ご説明していこうと思います。

 

歯科助手になるには資格は必要なの?

歯科助手として仕事をするとなると、歯科助手の資格が必須だと考えている方もおられるでしょう。

 

ですが、歯科助手として働くためには、必須となる資格は特にありません。

 

求人を見てみると、「無資格OK」という記載があるところも多く、入職してからその職場で指導を受けるということがあります。

 

はじめようと思えば、誰でも歯科助手になれるという事になります。

 

となると、疑問になってくるのが、「歯科助手の資格の必要性」です。歯科助手の資格は本当に必要なのでしょうか。

 

歯科助手の資格の必要性とは

歯科助手として働く際に歯科助手の資格があると、以下のような利点があります。

 

・歯科助手としての信頼性が上がる
・自分の仕事に自信が持てる
・待遇などが多少良くなる
・専門用語などにも対応できる
・就職の際に有利となる
・レセプト作成などがスムーズに行える

 

このような点で、歯科助手の資格が活かされる事になります。

 

特に、就職の際には、「無資格OK」と記載されているところであっても、実際は有資格者が優先的に採用されるというのが現状です。

 

そのため、歯科助手の資格を所持していたほうが、就職活動もスムーズに進むということが言えます。

 

また、専門用語が多く使用される中、無資格で入職すると、どうしても理解できない事もあり戸惑う事がとても多くなってしまいます。

 

歯科助手の仕事は、受付やレセプト作成などの業務も含まれており、診療の補助だけが仕事ではありません。

 

そうなると、レセプト作成の方法なども理解していなくては、勤まらないということになります。

 

入職してから嫌になって辞めるという事がないようにするためにも、やはり歯科助手の資格は必要だと言えます。