MENU

歯科助手の平均年収はどれくらい?

医療に携わる仕事をされている方というと、どうしても印象として高収入と考えてしまいがちです。

 

事実、医師となればプレッシャーも掛かる仕事ですが、それ以上の対価を得ることができるのは、誰もが知っている事実であると思います。

 

では、直接医療を行わない事務方のお仕事をされている方は、どの程度の収入を得ることができるのでしょうか?

 

今回は、身近な存在である歯科助手のお仕事をされている方の平均年収について調べてみました。

 

歯科助手の平均年収は高い?

歯科助手の平均年収について調べてみると、意外な事実が発覚しました。

 

なんと金額としては260万円ちょっとであるという数字が見えてきています。

 

私の場合、正直これだけしかもらっていないの?というのが第一印象として感じました。

 

実は、これには大きな理由があります。

 

というのも、歯科助手はどちらかと言えば若い人が就く仕事であるので、その分だけ経験年数が少なくなることから、このような平均年収の低さにあらわれてくると見ています。

 

よって、他の業種で同様の年齢層の方と比較すれば、決して低い数字とはいえませんね。

 

ただ、やはり医療系の仕事と考えるとこれだけしかもらえないの?という感じですね。

 

その中でも、高収入を得ている方もいらっしゃるのですが、その方の特長はどこにあるのでしょうか?

 

資格があると年収はアップする?

歯科助手には、実に多くの資格が用意されているのはご存知かと思います。

 

では、その資格を取得すれば年収として反映されるものなのでしょうか?

 

答えはNoと言わざるを得ません。

 

元々、資格を持っていなくてもデキる仕事というのが理由になります。

 

ただ、資格を取得しているということは、歯科助手に関するスキルが高いということを示しており、それを活かして実務で評価されれば、昇給も期待できるでしょう。

 

これは、資格の有無に限った話ではありませんが、とにかく与えられた仕事を確実にこなせる能力があるかがポイントになります。