MENU

歯科助手の資格を取得するには?

仕事が多様化する中で、次々と資格が登場しては消えている事実があるのをご存知でしょうか?

 

また、資格があっても実はその資格を取得していないとその仕事に就くことができないわけではなく、あくまでもスキルを持っていることの証明となるだけの資格も存在しています。

 

実は、歯科医院で働く歯科助手についても、資格は不要なのですが民間資格が存在しています。

 

しかも、多くの会社で資格を制定しているので、非常にわかりにくいという印象を受けます。

 

ただ、直接の医療行為はないものの、医療に携わるものとして資格はぜひとも持っていてほしいものですよね。

 

そこで今回は、歯科助手の資格を取得する方法について説明していきます。

 

歯科助手の資格は何種類ある?

先に紹介した通り、歯科助手に関する資格はたくさんあります。

 

主なものでも、以下の4種類存在しています。

 

◎歯科 医療事務管理士 技能認定制度
◎歯科助手検定試験
◎歯科医療事務検定試験
◎日本歯科医師会 歯科助手資格認定制度

 

それぞれで、主催する会社が異なるのと取得方法も微妙に異なります。

 

歯科助手の資格を取得するには?

では、歯科助手の資格はどのように取得するのでしょうか?

 

最もメジャーな医療事務管理士ですと、テキストを見ながら認定試験を受けて、合格すれば資格が取得できます。

 

通常ですと試験会場に出向いて試験をうけることになるのですが、ユーキャンなどの通信講座を受講していれば、なんと在宅でも受験が可能となっています。

 

これは斬新な制度ですよね!

 

受験に関しては、資格要件はないので誰でも受験することができます。

 

次に認定歯科助手という資格の場合は、試験自体は存在せずヒューマンアカデミーが実施している講座を受講し、計4回の課題をクリアすることで資格を取得できる、というケースもあります。

 

このように、資格によって取得要件や試験方法が全く異なるのが歯科助手資格の特長です。

 

自分の事情に合わせて、どの資格を取得するかを決めると良いでしょうね。