MENU

日本歯科医師会認定「歯科助手資格」とは?

皆が憧れる存在として知られているのが、歯科助手のお仕事です。

 

華やかな印象のある仕事ですが、実は過酷な実態があるのをご存知でしょうか?

 

見た目以上にこなさなければならない仕事量が多く、また求められるスキルも高いものがあります。

 

実は、歯科助手の仕事には必要な資格は存在していません。

 

ただ、広告などでは歯科助手資格というものをよく見かけます。

 

これは、必須な資格ではないものの高いスキルを求められるので各会社で独自の資格制度を採用して付与しているものになります。

 

歯科助手として活躍するためには、持っておいたほうが良いですね。

 

そんな歯科助手の資格の中でもメジャーなのが、日本歯科医師会認定の歯科助手資格です。

 

名前だけ見ても、公式的な資格であるように見て取れるのですが、実際にはどのような資格なのでしょうか?

 

今回は、日本歯科医師会認定の歯科助手資格の特徴について紹介していきます。

 

日本歯科医師会認定 歯科助手資格とは?

日本歯科医師会が認定している歯科助手資格は、実は3つのランクから選択することができます。

 

スタートは乙種第一からというのが一般的ですが、類似する乙種第二と一緒に取得する事もできます。

 

実は、この歯科助手資格は既に歯科助手として活躍している方向けの、言わば上級資格になります。

 

時間的にも、40時間以上の学習時間を設定されていて、講習を受けることで資格を獲得できます。

 

更に、上位の資格として甲種と言うのもがあり、その時間は400時間にも及びます。

 

ここまでくれば、もはやマイスターと言っても過言ではないですね!

 

歯科助手資格の評判は?

日本歯科医師会認定 歯科助手資格は、持っているだけで一目置かれるという点で、好評を得ています。

 

特に、甲種ともなれば、エキスパートとして中核をなすことができるでしょう。

 

歯科助手は、どこにでも存在する歯科医院で働くできる点からも、このブランド力は魅力的なものになります。