MENU

歯科助手資格の難易度はどれくらい?

歯科助手の資格を取得しようとされている方にとって、その難易度は、とても気になる部分だと思います。

 

ここでは、歯科助手資格の難易度について、ご紹介していきます。

 

資格の種類から見る難易度

歯科助手の資格には様々な種類が存在し、それぞれが民間資格となっています。

 

そのため、受験方法、試験の内容、受講期間、取得方法といったことはそれぞれによって異なります。

 

その中で、難易度を判別するために、技能認定振興協会が主催する、「歯科医療事務管理士(R)技能認定試験」を例にとって見てみたいと思います。

 

まず、この資格取得に対応している講座として、ユーキャンの歯科助手講座があります。

 

こちらの講座を受講することで、自宅でテキストを見ながら受験することが可能となります。

 

指定のカリキュラムさえ修了すれば、何度でも受験することが出来る様になりますので、気軽に受講することが出来る講座となっています。

 

自宅にてテキストを見ながら試験を受ける事が出来るということで、難易度はかなり低いという事が言えます。

 

もしユーキャンの講座を利用しない場合、会場での受験となりますので、難易度は少し上がるかもしれません。

 

ですが、ユーキャンの講座を受講することで、試験の解答を何度も見直すことが出来ますし、何より自宅で受験できるということから、やはり難易度は低いと言えます。

 

試験は学科(マークシート)が10問、実技(レセプト作成・点検)が3問となっており、合格ラインは70点以上となります。

 

初心者でも分かりやすいテキストで、しっかりと学ぶことが出来ますので、講座を受講されることをおすすめします。

 

独学の場合は?

独学で受験する場合、日本歯科助手検定協会が認定する「歯科助手検定試験」があります。

 

この場合、独学で全て理解することが必要となりますので、そのような点も含めると、難易度は多少上がるかと思います。

 

1級?3級までが存在していますので、それぞれの級によっても難易度は異なると言えそうです。

 

とはいえ、独自に学習した内容がしっかりと頭に入っていれば合格できるものですので、そこまで構える必要はありません。