MENU

歯の色とホワイトニング

歯の色はエナメル質表面の直接反射や、象牙質からの内部反射を反映している皮膚や毛髪の色に個人差があるように、歯の色にも正常な範囲があります。その影響因子としては、個体差、年齢差、歯種あるいは歯の部位などが挙げられます。

 

個体差は、例え黄色いと感じても、歯の色見本であるシェードガイドの範囲におさまっていれば正常色になります。年齢差では、永久歯が生えたての学童の歯と高齢者の亀裂のある摩耗した歯と比べれば、後者のうほうが明度が低く、黄色みは強いです。また同一個体でも、加齢とともに歯の色は変化していきます。

 

歯種によっても菌の解剖学的形態や頻舌的厚みなどの違いのために色は異なります。また、一本の歯でも。歯の先端と歯頸部では色調が異なります。

 

例えば、前歯では先端部は頻舌的に肉薄なため象牙質の裏歯打ちのないエナメル質層のみであり、透明感が強いので口腔内の暗さが透過して、患者から「黒い」と訴えられることがあります。一方、歯頸部は肉厚なため黄色みが強いの特徴です。

 

このように歯の正常色は一様ではありません。ですから、まるで白衣のように過剰な白さを求める人に対しては、まずシェードガイドや測色計などを用いて、本来の歯の色は、黄色系白色であることを理解して貰う必要があります。

 

日本では、古来より美人の条件とされていた明眸皓歯の、「皓」は元々は光から来ており、日の光るさまから白いという意味になったと解釈されています。したがって「皓」は本来、whiteではなく、brightの意味が強く、色彩学的には、単純に白いだけでなく、よく磨かれた艶のある清潔な口元というイメージなのです。