MENU

歯科医師会が主催する講座『歯科助手資格認定制度』

歯科助手になるために、資格は要らないとはいっても、まず何よりも、歯科用語や知識を身につけ、複雑多岐にわたるな仕事をこなしていけなくてはなりません。まったくの初心者にとっては、歯科助手という仕事への習熟は、遠い道のりにも思えるのではないでしょうか。

 

そのために、専門学校があり、通信講座が存在しているのです。また、関係各機関による認定資格も用意されています。認定資格には、『歯科医療事務管理士』『認定歯科助手』『歯科助手検定』など、名称もさまざまで、6つほどありますが、最もよく知られているのは、都道府県の歯科医師会の主催による認定資格『歯科助手資格認定制度』といえるでしょう。

 

『歯科助手資格認定制度』は、“試験”ではありません。講座を受けたことによって認定され、修了証を受け取ることができます。

 

資格とはいえないまでも、歯科助手の仕事に就くためのパスポートをもらったようなもの。基本的な知識が備わったのですから、自信をもって就活をスタートさせたいですね。

 

『歯科助手資格認定制度』の講習内容は、「歯科臨床概論」をはじめ「歯科事情」「社会保険の概要」に加えて実務、文書や備品の管理など、歯科助手として必要な知識が網羅されています。種類は、初心者向けの『乙種第一』など3種があります。

 

1)『乙種第一』
「主として診療室内の仕事に従事するもの」としての知識・技能を受講するもの。講習時間は52時間とされています。

 

2)『乙種第二』
「主として事務的な仕事に従事するもの」としての知識・技能を受講するもの。講習時間は42時間とされています。

 

3)甲種
「更に高度な講習を受講」するもの。講習時間は400時間とされています。

 

※『乙種第一』『乙種第二』のダブル受講も可能。その場合の受講時間は72時間となっています。

 

現在、『歯科助手資格認定制度』を実施していない県も。受験料も地域によって異なる場合もあります。受講を希望するひとは、お住まいのある都道府県歯科医師会に問い合わせるのが早道です。