MENU

歯科助手になるには?

歯医者さんに行った際に歯科助手の方を見て、あんな風に働きたい!と憧れている方もおられると思います。

 

では、歯科助手になるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、歯科助手になることについて、その方法をご紹介していきます。

 

歯科助手になるにはどうすればいいの?

歯科助手になるためにどうすればいいのかと考えた際、まずは資格を取得するということを思いつく方が多いと思います。

 

歯科助手として働くために必須となっている資格は今のところ無く、歯科助手の資格は全てが民間資格となっています。

 

そのため、資格によって試験や身につけることが出来る内容などが多少異なってきます。

 

自分が取得したい資格を選び、勉強していくことで、歯科助手として働きやすくなります。

 

これらの民間資格は、通信講座や通学講座などで取得が可能となっていますので、自分の生活スタイルに合わせて取得することが出来ます。

 

例えば、主婦の方や社会人の方であれば、通学する時間がとりづらいと思いますので、通信講座で取得できるところを選ぶというのがおすすめです。

 

時間もあって自由に動けるという方の場合には、通学講座を選び、直接指導を受けながら資格を取得するという方法がおすすめです。

 

このような方法で資格を取得した後は、就職活動へと移っていきます。

 

無資格の状態でも歯科助手として雇ってもらえることはありますが、とても稀だと言えます。

 

大学生のアルバイトなどであれば、無資格でも雇ってもらえるところがあるようですが、ほとんどの場合に歯科助手の資格が必要となっています。

 

もし無資格の状態で雇ってもらえたとしても、働きながら資格を取得していくことが多くなりますので、結局は同じ事です。

 

資格がない状態で、歯科の専門用語などが飛び交う中で働くというのは難しくなってしまいます。

 

やはり、歯科助手になるためには、まずは歯科助手の民間資格を取得するということから始めることをおすすめします。