MENU

歯科助手とは?

歯医者さんに行くと、必ず受付の方がおられ、診察の際には歯科医師の傍でサポートを行う方がおられます。

 

この方々は、歯科助手と呼ばれる職業の方で、歯科医師のサポートや受付などの仕事が主となっています。

 

では、さらに具体的にどのような仕事を行うのか、資格は必要なのか等、見ていきたいと思います。

 

歯科助手って資格が必要なの?

歯科助手として働いている方を見ていると、歯科医師の診察のサポートを行っている歯科助手の方は、「○○お願いします」と難しい言葉で指示されることに対し、テキパキと準備をされていると思います。

 

歯科助手として働くためには、歯科に関する専門用語などの知識を身につけていなくては、スムーズなサポートが行えません。

 

そのため、歯科助手には資格が必須のように感じられるかもしれませんが、実は必須となる資格はありません。

 

極端ではありますが、今すぐにでも「歯科助手です」と名乗る事も出来るという事になります。

 

ただ、先ほどご説明しましたとおり、専門的な用語や知識を身につけておく必要がありますので、歯科助手の資格は取得しておくべきと言えます。

 

就職の際に歯科助手の資格が必要となることが多く、働いてからも必須レベルとなるものです。

 

歯科助手ってどんな仕事をするの?

歯科助手の仕事は、とても多岐に渡っています。

 

・歯科医院やクリニックの掃除
・器具の洗浄や消毒
・会計
・受付
・電話対応
・診察の際のサポート

 

など、このような仕事を行っていく事になります。

 

歯科医師と信頼関係を築きながら、診察がスムーズに進むようにサポートしていくというのが主な役割です。

 

歯科医院やクリニックには、小さなこども達も訪れます。

 

中には、歯医者さん独特の歯を削る音が苦手なために、泣き出したり暴れたりしてしまうこどもも居ます。

 

そのようなこども達に話しかけ、緊張をほぐしたり、笑顔になってもらうためにサポートすることも仕事の一つです。

 

掃除や会計、受付など、歯科助手は様々な仕事を行う事になりますので、幅広い知識はもちろん、接客マナーなども必要となる仕事となっています。