MENU

日本医療事務検定協会認定「歯科助手検定」とは?

医療に近い位置にいる歯科助手ですが、実は資格がなくても働くことができるのを知っていましたか?

 

少し意外な感じですが、実際には医療行為は行いませんし、仕事自体は特に難しいことは行いません。

 

ただ、非常に職務が多く、誰でもなることができる仕事ではありません。

 

そのために、必要ではないものの多くの歯科助手の資格が存在しています。

 

どれを取ろうか悩んでいる方も多いわけですが、今回紹介するのは日本医療事務検定協会認定の歯科助手検定です。

 

名前を聞くだけで、どこか格式の高さを感じさせるわけですが、実際のところはどのような資格なのでしょうか?

 

今回は、日本医療事務検定協会認定 歯科助手検定について調べてみました。

 

歯科助手検定の特徴は?

日本医療事務検定協会とは、内閣府認証NPO法人であります。

 

一般的な会社と違い、歯科助手を目指す方に特化している印象を受けますね。

 

具体的な資格内容を紹介すると、資格要項はなく、誰でもすぐに受験することができ、テストをクリアすることで資格を得ることができます。

 

歯科助手検定は1〜3級があり、3級が最も簡単なものとなっていますので、まずは3級から受験することになります。

 

その後、ステップを踏んで上級の資格にチャレンジしていきましょう。

 

試験は、年間で5回開催されていますが、上級となると年間2回しか開催されません。

 

試験時間はいづれも60分であり、70%以上の正解で資格を得ることができます。

 

歯科助手検定の評判は?

日本医療事務検定協会認定 歯科助手検定は、講座を受講して得ることができる資格と違い、完全実力制の資格になります。

 

よって、取得している方は非常に高い評価を得ることができます。

 

一種のブランド力があるため、非常に評判も良いというのが特徴です。

 

また、上位資格が用意されていて、チャレンジ精神を掻き立てられる点についても、プロフェッショナルを目指す方に好評です。