MENU

歯科助手になるには|資格の取得方法とは?

歯科助手の資格取得方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここで、歯科助手の資格の種類と併せて、その取得方法についてご紹介していこうと思います。

 

歯科助手の資格の種類

歯科助手の資格には、いくつかの種類が存在しています。

 

・歯科助手検定試験
・歯科助手専門員
・歯科助手資格認定制度
・歯科医療事務検定試験
・歯科医療事務管理士(R)技能認定制度

 

など、このような種類があります。これらの種類によって、資格の取得方法が異なります。

 

どうやって取得するの?

上記のいくつかの資格のうち、代表的な資格の取得方法についてご紹介します。

 

歯科医療事務管理士(R)技能認定制度

こちらの資格は、技能認定振興協会が行っているものです。ユーキャンの歯科助手講座にて学習することにより、在宅にて試験を受ける事が可能となります。

 

歯科助手の仕事となる診療報酬請求業務(レセプト作成)などは、資料を見ながら行うことになりますので、試験も在宅で受ける事が可能なのです。

 

ユーキャンなどの講座を利用しない場合、会場で試験を受ける事になります。

 

歯科助手検定試験

こちらの資格は、日本歯科助手検定協会が認定しているものです。受験資格などは特に必要とされず、1級から3級までの資格が存在しています。

 

こちらの試験に対応している講座は無く、独学にて勉強し、各自試験を受験することで取得することが出来ます。

 

歯科助手専門員

こちらの資格は、全国医療福祉教育協会が認定しているものです。ヒューマンアカデミーの歯科助手講座を受講することにより、歯科助手専門員資格が取得出来ます。

 

試験などは特に無く、3回の添削問題に解答し、合格ラインであれば取得が可能です。

 

歯科助手技能認定

こちらの資格は、ニチイの講座を受講することによって、取得することが出来ます。コースが3種類あり、歯科助手技能認定を取得できるのは、「認定コース」と「スペシャリストコース」となっています。

 

スペシャリストコースであれば、歯科助手技能認定と併せて、メディカルクラーク(歯科)の認定も同時に受ける事が可能です。

 

このように、それぞれの資格によって、取得方法が異なりますので、事前にしっかりと確認するようにしてくださいね。