MENU

歯科助手資格取得ナビ|評判の良い通信教育を徹底比較!

歯科助手とは?

歯科助手の仕事イラスト

 

歯科医師が診療をおこなう際に、さまざまなサポート業務を担当するのが歯科助手です。

 

業務内容は大きく3つに分けられます。

 

歯科診療アシスト業務

器具の準備や後片付け、薬品の整理や発注などを行う。

 

受付業務

受付・電話対応・会計などを行う。

 

歯科周辺業務

レセプト(診療報酬明細書)作成などの事務作業、機器の点検・整備などを行う。

 

歯科助手になるには?

歯科助手(パンダ)イラスト

歯科助手として働く際に、資格は必須ではありません。

 

しかし、これはあくまで法律上の話であって、実際の現場では、歯科医療に関する知識・専門用語を理解して必要な器具を準備したり、診療報酬の算定なども行なわなければいけません。

 

全く予備知識が無い状態で就職した場合、約半年間は大変な思いをすると言われています。

 

そのため、多くの方が事前に専門知識や業務内容が学べる「歯科助手講座」を受講しているのです。

 

歯科助手の仕事は、一度専門用語や知識さえ習得してしまえば、それほど難しい仕事ではありません。

 

また歯科医院は全国どこにでもあるため、他業種と比べて働き先を見つけやすく、正社員・パート・アルバイトなど勤務形態も自由に選択できるメリットがあります。

 

最近では、資格取得者を優遇する医院・クリニックも増えていますので、歯科助手を目指す方は、事前に資格を取得しておくと良いでしょう。

 

失敗しない!評判の良い講座はどれ?

ブラッシュアップ学びロゴ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

「ブラッシュアップ学び」は、講座掲載数No,1のスクール比較サイトです。歯科助手の通信講座は、「ニチイ」「ユーキャン」などの大手スクールで開講されていますが、それぞれ取得できる資格・カリキュラム・料金などが異なります。比較サイトを活用すれば、一目で比較&一括資料請求ができるので便利です。無料で送られてくる資料には、業界動向や現場で働く先輩の声などが豊富に書かれており、パラパラと眺めてみるだけでも参考になりますよ♪

 

申込みボタン

 

資格の種類はどんなものがある?

資格 認定団体 概要
歯科助手資格 日本歯科医師会 日本歯科医師会の指定協会や専門学校で52時間〜400時間の講習を受講することで資格を取得できる。
歯科助手検定 日本医療事務検定協会 受験資格は特になく、誰でも試験を受けられる。3級・2級・1級があり、70%以上の正答率で合格となる。
歯科 医療事務管理士 技能認定振興協会 学科試験・実技試験で構成されており、70%以上の正答率で合格となる。ユーキャンの講座を受講すると自宅受験も可能。
歯科助手技能認定 日本医療教育財団 学科I・IIの各得点率90%以上で合格となる。ニチイの講座を受講すると試験免除で資格を取得できる。
歯科助手専門員 全国医療福祉教育協会 ヒューマンアカデミー(たのまな)の通信講座で出される課題を3回提出し、全て合格すると資格を取得できる。

 

歯科助手の資格は独学で取得できる?

歯科助手のイラスト

中には出来るだけ費用を抑えて、独学で資格を取得したいと考えている方もいらっしゃると思います。

 

もちろん、独学でも資格取得は可能です。

 

しかし2013年・2014年のアンケート調査を見てみると、資格取得者の実に8割以上の方が「通信講座を受講して取得した」と回答しています。

 

独学で、歯科助手の資格を取得する方の割合が少ないのは一体なぜでしょうか。

 

多くの方が通信講座を選択する理由とは?

まず第1に考えられるのは、歯科助手資格検定の多くが、受験資格に「指定講座の受講」を義務付けているためです。

 

つまり、指定のカリキュラムを修了しなければ、そもそも試験を受けることが出来ないのです。

 

中には、日本医療事務検定協会認定「歯科助手検定」のように受験資格の無いものもありますが、独学で勉強する場合、専門用語の理解や試験範囲の絞り込み作業に時間がかかってしまったり、業界の最新情報を把握できない等の理由で、途中で挫折してしまう方が非常に多いと言われています。

 

独学で合格を目指すには?

歯ブラシイラスト

独学で資格の取得を目指す方は、自ら計画をしっかりと立てて、出来ればDVD付きのテキストを購入する事をおすすめしています。

 

歯科助手の仕事は、器具や薬の名称・治療方法・レセプト作成など、単純にテキストを丸暗記するだけでは理解が難しい部分が多いため、未経験者にとって決してハードルが低いとは言えません。

 

解説動画付き(DVD)の教材であれば、未経験者でも難解な部分が理解しやすく、検定対策はもちろん、実際の現場でも役立つ知識を身に付けられると思います。

 

通信講座を受講するメリット

前述したように、歯科助手資格を取得する8割以上の方が通信講座を受講しています。

 

通信講座を受講するメリットは以下になります。

 

自宅でマイペースに学習ができる
合格に必要なポイントを効率よく学べる
教材のクォリティーが高い
分からない部分もすぐに質問ができる
試験免除などの優遇処置が受けられる場合がある

 

歯科クリニックイラスト

 

また中には、講座修了後に無償で「就・転職サポート」を受けられる講座もあります。

 

実績豊富な講座の場合、全国の医院・クリニックと提携しているケースが多く、ハローワークや求人サイトには掲載されない「優良求人」がたくさん集まってきます。

 

専任コンサルタントが受講者限定で優先的に斡旋してくれるので、資格取得後に就職先に困るといった心配もありません。

 

受講生の就業データなどは、各講座の無料パンフレットに細かく載っています。修了後に就業を考えている方は、よく実績を確認したうえで申し込むことをおすすめします。

 

通信講座を選ぶ際に気を付けるべきポイント

通信講座を受講する際には、以下ポイントに気を付けて講座を選びましょう。

 

資格の認知度

せっかく資格を取得しても、業界で全く無名の資格を取得しても意味がありません。「歯科 医療事務管理士」「歯科助手技能認定」のような知名度・実績ともに豊富な資格を選択しましょう。

 

学習カリキュラム

各講座によって、重点的に学ぶポイントや使用するテキストも異なります。テキストのサンプルは、無料で送られてくる案内資料に同封されていますので、事前によく確認しておきましょう。

 

講座費用

歯科助手講座の費用は、3万円程度で学べるものから10万円以上かかるものまでさまざまです。価格と内容の見合った講座を選びましょう。

 

学習期間

歯科助手講座の標準学習期間は、最短2ヶ月から、長くても半年ほどです。自分の目的に合った講座を選びましょう。

 

合格保障の有・無

何らかの事情で学習期間内に合格が出来なかった場合でも、無償でサポート期間を延長してくれる講座がおすすめです。

 

通信講座を選ぶ際に便利!

ブラッシュアップ学びロゴ

ブラッシュアップ学びキャプチャ

情報量No,1の「ブラッシュアップ学ぶ」は、複数講座を一目で比較&一括資料請求ができる講座比較サイトです。もちろんサービスは全て無料で利用できます。講座によって学習内容・料金・取得できる資格などが異なりますので、必ず事前に比較をしたうえで、自分に合った講座に申し込むことをおすすめします。資料には、歯科助手の仕事や業界動向などが写真付きで分かりやすく解説されているので、気軽にパラパラと眺めてみるだけでも新しい発見がありますよ。

 

申込みボタン

 

実際に資料を請求してみました♪

歯科助手資料

実際に「資料一括請求サイト」を利用して講座の案内資料を取り寄せしてみました。

 

同様のサービスを提供しているサイトは他にもいくつかありますが、講座の掲載数・利用者数ともに最も多いという理由で「ブラッシュアップ学び」を選びました。

 

請求後、数日で「ユーキャン」「ニチイ」「ヒューマンアカデミー(たのまな)」などの、歯科助手講座に関する資料がまとめて送られてきました。

 

資料の中身を見てみると、歯科助手の解説本(これが面白い!)・今後の業界予測・テキストのサンプル・料金表などが入っていました。

 

一括請求サイトは、いちいち自分で調べなくても簡単に講座を比較できる点や、1回の入力だけでまとめて資料請求が出来る点がとても便利です。

 

また通常、各スクールに個別に請求をすると、営業電話が何度も来て対応が面倒になることが多いのですが、一括請求サイトの場合は、そういった電話が全く無い点も嬉しかったです。

 

歯科助手資料の請求ボタン

 

 

よくあるご質問

歯科助手と歯科衛生士の違いは何ですか?

歯科助手の主な仕事は、歯科医師の補助業務になります。例えば、診療に必要な器具を準備したり、バキューム(唾液を取る作業)などの診療補助、受付や会計業務などをおこないます。働くうえで国家資格は必要なく、口腔内の医療行為などは固く禁止されています。それに対し、歯科衛生士は、専門学校や短大に通い国家資格を取得しなければ仕事に就くことができません。具体的に、患者さんの口腔内の歯石除去・薬物塗布・保健指導などをおこないます。両者が大きく異なる点は、患者さんの口の中に手を入れるか入れないかの違いになります。

 

医療業界で働いた経験が全くないのですが、資格は必要ですか?

歯科助手の資格はすべて民間資格になるので、就業するうえで必ずしも必要なものではありません。しかし、歯科助手の仕事では、歯科医療に関する専門用語を理解して必要な器具を準備したり、診療報酬の算定スキルなども求められます。全く初めての方が仕事を始めた場合、3ヶ月〜半年間は大変な思いをするとも言われていますので、不安な方は事前に通信講座などで一通り学習しておくとよいでしょう。

 

歯科助手の需要は今後もありますか?

歯科医院の数は年々増えており、それに伴い歯科助手の需要も高まっています。どんどん世の中が高齢化していく中で、口腔ケアのニーズが無くなることはありませんし、歯列矯正や審美歯科など、治療以外にもさまざまなニーズが存在しています。

 

資格助手の資格にはどんな種類がありますか?

歯科助手の資格には、「歯科 医療事務管理士(R)」「歯科助手検定」「歯科医療事務検定」「認定歯科助手」「日本歯科医師会 歯科助手資格」などがあります。すべて異なる民間団体が認定しており、就職の際に資格による優劣などはありません。

 

資格は履歴書に記載できますか?

もちろん記載できます。歯科助手の資格はすべて民間資格ですが、歯科助手に必要な医療保険や、診療報酬算定、診療補助などの知識とスキルを認定するものです。採用面接などで自信を持ってアピールできる資格です。

 

資格を取得するメリットは何ですか?

就業前に、業務に必要な医療保険や診療報酬算定などのスキルを身に付けられます。また通信講座などで提供している「就職サポート」を上手に活用すれば、より条件の良い職場を見つけることも可能です。

 

「歯科 医療事務管理士(R)」と「歯科助手技能認定」はどこが違うのですか?

歯科 医療事務管理士(R)は、技能認定振興協会が認定しており、ユーキャンの通信講座を受講すると取得できます。一方、歯科助手技能認定は、日本医療教育財団が認定しており、ニチイの講座を受講すると取得できます。学べる内容に多少の違いはあるものの、どちらも歯科助手向けで資格による優劣などはありません。

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

歯科助手の勤務先は、いうまでもなく、歯科医院です。総合病院や大学病院の歯科や口腔外科に所属する場合もあり、最近では、アンチエイジングや歯列矯正など美容面に特化した審美歯科に勤務する人も増えています。主な仕事内容は、歯科医の診療の補助を行うとともに、治療を受ける患者さんの介助を行うことです。医師の補助としては、常に治療の“その先”を把握しつつ、医師の指示を受けてから対処を行います。患部にあてる照明の調整、器具の受け渡し、歯を削る際の唾液や削った歯の粉末をバキュームしたり、など、つかず離れず、治療がスムーズにいくように配慮をします。医師の補助のほかには、クラウンやブリッジなどの補綴物を製作する際のセメントの練り合わせや、歯型の採取のため印象材をトレイに入れる、歯型の模型製作のための石膏の混ぜ合わせ…など。さらに、開院前の器具や器械類の洗浄・消毒・滅菌、薬品の整理・在庫確認と続きます。一方、患者さんに対しては、治療の際の呼び出し、診療台への案内、汚れ防止のケープかけ、うがい用の水のチェックとカップのセットなど、一連の仕事を淀みなく行う必要があります。患者さんへの励ましを行うこともありますし、幼い患者さんに対しては、治療が無事にすむようにあれこれと気を配ったり。これらのほかに、小規模の歯科では、医師の補助や患者の介助のほかに、受付や予約の確認、治療代金の授受、レセプトを行うケースが多く、院内外の清掃、待合室に置かれる雑誌の購入と廃棄、電球の交換から貼り紙の作成と貼り出しなど、雑務を任されることも少なくありません。歯科医が治療に専念できるよう、治療の流れを理解し、四方八方に目を利かせつつ、心も身体もフルに働かせる…が、歯科助手の仕事のすべてなのです。では、歯科助手となるために、歯科助手資格は必要でしょうか?答えは「資格は必要なし」です。歯科治療のすべてを知る必要のある歯科助手に「資格が必要ない」とは、ちょっと意外ですね。医療事務って、医療機関のデスクにいて、黙々とレセプト(診療報酬明細書)を作成するひと。患者として総合病院を受診した時、経理の後ろにある事務室をちらと見て以来、そんなイメージを勝手に持っていました。もともと算数は得意だし、細かい仕事は大好き。また、ひとの健康に奉仕するという意味でも、医療関係の仕事に就きたいと思っていましたので、歯科助手、介護事務、もしくは医療事務資格を目指すことにしたのです。実際は、まったく違うんですね。たしかに、大きな病院では、事務・経理などの窓口ははっきり分けれていますけれども、就職口は大病院とは限らず、町医者というか、規模の小さなクリニックや歯科医院のほうが数はたくさんあります。そのようなクリニックは、経験者を募集することが少なくないそうです。なぜなら、『医療にかかわるお金の流れをすべて把握する』医療事務という以上に、『クリニックが朝、開院するときから、夜、閉院するまでのすべての面倒をみる医療事務』の様相が濃くなってくるからです。つまり、開院と閉院時のクリニック内外の清掃や、患者さんの誘導、呼び出し、予約受付や問い合わせなどの電話対応、待合室に置く雑誌の購入と片づけ、まだまだある…これらの“雑用一般引き受けます”という姿勢がなくては、つとまる仕事ではないのです。肝心の仕事は、レセプト業務。けれど、保険点数などのマニュアルをせっかくおぼえても、数年に一回、変更される医療保険制度をそのつど理解し、対処していかなくてはならないし、これに雑用がからんでくると、大変そう…(ため息)。とはいっても、将来的には、レセプト業務が不要になるとも言われています。一方で、レセプト業務以外の、現在は雑用といわれている、秘書的な仕事や電子カルテへの入力などが、もっと重いウエイトを占めるようになる、とも言われています。パソコンでは絶対にどうすることもできない、患者さんの接遇も、業務上の大切なポイントになってくるのでしょうね。また介護事務と医療事務は名称は似ていますが、就業場所はもちろん、作成する資料や方法、業務内容も全く違います。どちらも勤務形態を自由に選択できる、資格があれば全国どこでも働くことができる、復職がしやすいといったメリットがあり、子育て中の若い主婦などに人気のようです。介護事務資格も、医療事務資格も民間資格ではありますが、事前にスキルや知識を身に付けておくことで、面接の際などに有利に働くと言われており、通信講座を受講して資格を取得する人も多いのが特徴です。私もしっかりと勉強をして、福祉という観点から、患者さんに親しみを持たれる、ホスピタリティあふれる医療事務になれたらいいな、と思っています。

 

 

更新履歴